デザインに必要な4つの原則

アート、広告、WEB、UI/UXなどいたるところでデザインは欠かせないものになっています。

デザインには”強弱”、”近接”、”整列”、”反復”の4つの基本があります。

これを意識することで物の見せ方や伝えたいことが相手にわかりやすくなると思います。

 

 

 

 

1.  強弱 – Contrast

2つ以上の要素に対して文字、形、色、大きさで強弱をつけて違いをだすことで、読み手の注目を集めることができます。

 

 

 

 

 

コントラストをつけると一番に伝えたいことを表現できます。

ボタンなどのUIにコントラストをつけることで、読み手の行動をうながすこともできます。

 

 

 

 

 

コントラストを使用する時は要素ごとにハッキリと区別できるように、大げさに違いをだす方が分かりやすくなります。

また、色でコントラストをつけるときは暗めの色よりも原色系の方がより強調されます。

視覚的にも楽しくなり読み手が飽きづらくなります。

 

 

 

 

 

たくさんの要素を使ってコントラストをだしすぎると、目に入る情報が多くなってしまい本当に伝えたいものが分かりづらくなります。

コントラストをシンプルにデザインすることで視覚的に見やすくなり、伝えたい情報に注目してもらいやすくなります。

 

 

 

 

 

2.  近接 – Repetition

関連する情報どうしの位置を近づけることで視覚的にまとまりができ、読み手が情報を理解しやすくなります。

 

 

 

 

 

距離を意識することで、バラバラに見える情報どうしをグループ化することができます。

画像や図に対するタイトルや説明などを読み手がパッと見でわかりやすくなります。

 

 

 

 

 

関連性の高い情報どうしは近づけて余白を統一することで、情報が整理されて見やすくなります。

逆に関連性の低い情報は余白を統一しないことで、グループ化が強調されて近接の効果をより高めることができます。

 

 

 

 

 

3. 整列 – Alignment

情報を視覚的にきれいに整えることで長い文章などを見やすくします。

 

 

 

 

 

右揃えや左揃えなどで整列をすることによって、読み手は文章や情報の羅列に「見えない線」を感じることができます。

それによりスッキリとした外観になります。

また、一体性ができるので少し要素が離れていても関連しているように見えます。

 

 

 

 

 

整列を使うことで情報にまとまりができますが、あえて整列から外すことでコントラストを表現できます。

タイトルなどに使うとインパクトができて注目を集めやすくなります。

 

 

 

 

 

4. 反復 – Proximity

特徴的なデザインを繰り返し使うことで統一感をだすことができます。

そうすることで読み手が迷子にならず、素早く情報を手に入れることができます。

 

 

 

 

 

一貫してデザインを統一することで、説明がなくともタイトルや見出しなどを読み手が瞬時に理解してくれます。

また、そうすることで情報が分散することなく、スッキリとした印象を与えることができます。

 

 

 

 

 

特徴的なデザインなどを繰り返し使うことで雰囲気やコンセプトを分かりやすく伝えることができます。

ただの「木」のデザインも、玉型の装飾であるクーゲルをいくつも追加することで「クリスマスツリー」を表現することができます。

 

 

 

 

 

これらを4つの要素を意識することによってデザインの幅がぐっと広がるかと思います。

グラフィックなデザイン以外にも使える場面がありそうですね。

 

普段なんとなく見ていた広告やサイトなどをいつもと違った視点で観察することで、さらにデザインへの理解が深まるかもしれないですね。