デザインの4原則

アート、広告、WEB、UI/UXなどいたるところでデザインは欠かせないものになっています。

 

 

 

 

デザインには”強弱”、”近接”、”整列”、”反復”の4つの基本があります。

これを意識することで物の見せ方や伝えたいことが相手にわかりやすくなると思います。

 

 

 

 

1.  強弱 – Contrast

2つ以上の要素に対して文字、形、色、大きさで強弱をつけて区別すること。

 

 

 

 

 

コントラストをつけると一番に伝えたいことや見せたいものに注意を向けるさせることができます。

たとえば、色でコントラストをつけることで行動をうながすこともできます。

 

 

 

 

 

中途半端だとコントラストが弱くなります。要素ごとにハッキリ区別できるように、コントラストは大げさにする方が分かりやすくなります。

また、色でコントラストをつけるときは暗めの色よりも原色系の方が見やすくなります。

視覚的にも楽しくなるので、見た目が地味な時などにも使えます。

 

 

 

 

 

たくさんの要素を使ってコントラストをだしすぎると情報が多くなり、伝えたいものが分かりづらくなります。

なるべく要素は削ってみやすくした方がいいです。

 

 

 

 

 

2.  近接 – Repetition

要素ごとの距離によって関連するものをグループ化すること。

 

 

 

 

 

近接を意識することで、項目ごとにグループ化されて見やすくすることができます。

バラバラになった関連性の高い情報や画像などの距離を近づけることで読みやすくなったりします。

 

 

 

 

 

逆に関連性の低いものは余白を統一しないことで違いを出すことができます。

 

 

 

 

 

3. 整列 – Alignment

要素を視覚的にきれいに揃えること。

 

 

 

 

 

整列をすることによって、要素同士が離れていても一体性を生み出すことが出来ます。

見えない線ができるのですっきりとした外観になり、長い文章や羅列でも読みやすくなったりします。

また、要素が離れていても関連しているように見えます。

 

 

 

 

 

インパクトをだしたいときには、あえて整列から外すことでコントラスト表現できます。

 

 

 

 

 

4. 反復 – Proximity

要素を繰り返して統一感をだすこと。

 

 

 

 

 

要素を繰り返すことによって、デザインに統一感や一貫性を生み出すことが出来ます。

デザイン、文章、スタイルを同じにすることで、パッと見でタイトルや見出しを判別させることができます。

 

 

 

 

 

特徴的なデザインなどを繰り返し使うことで雰囲気やコンセプトを分かりやすく伝えることができます。

 

 

 

 

 

これらを4つの要素を意識することによってデザインの幅がぐっと広がるかと思います。

グラフィックなデザイン以外にも使える場面がありそうですね。

 

普段なんとなく見ていた広告やサイトなどをいつもと違った視点で観察することで、さらにデザインへの理解が深まるかもしれないですね。